村田製作所 健康保険組合ロゴ

家族の扶養家族を扶養からはずすとき

家族を扶養からはずすとき

現在、被扶養者として認定されている方について被扶養者の基準を満たさなくなったときは、速やかに、扶養からはずす手続きを行ってください。
★健康保険の手続きと、会社の扶養関連の届出とは別です。提出漏れのないように!
★健保組合の扶養家族の人数は、健保組合が国に支払う納付金の基礎になっています。扶養から外す必要のある方の届出が遅れると、国への納付金額がアップすることになり最終的には皆さんの保険料が上がる要因となります。

必要書類と提出先 ※全て紙の申請書で行います。(電子申請は行いません)

必要書類

①申請書

健康保険 被扶養者異動届(扶養終了)

②保険証・認定証等

[全員必須]
扶養からはずす家族の「保険証」

※保険証を紛失して返却できないときは、こちらの届出書をご提出下さい。

健康保険被保険者証 滅失(回収不能)届

高齢受給者証
限度額適用認定証

③添付書類

下表の該当する書類を添付ください(状況によって追加の書類を求める場合があります)

参照 添付書類の注意事項と入手先

配偶者のみ

④年金の書類

[はずす理由が、配偶者の失業給付開始、収入超過、離婚、死亡のとき]

❶国民年金第3号被保険者関係届申請書

❷配偶者の年金手帳のコピー
【問合先】MMC フィールドセンタHRサービス課 社保担当

■提出期限

提出期限 事由発生から5日以内

※添付書類の入手に時間がかかる場合は、「5日以内」の期限を過ぎても差し支えありません。入手出来次第すみやかにご提出ください。
※提出期限を過ぎてしまった場合は、すみやかにご提出ください。

申請書の提出先

MMC本社 フィールドセンタHRサービス課 社保担当宛
◆社内メール便記入例
社内メール便記入例
◆メール便の受付担当が処理しますので、社保担当宛で届きます。(個人名は不要です)
◆提出した申請書類は、フィールドセンタHRサービス課で確認後、健康保険組合に転送されますので、余裕をもってご提出ください。
◆任意継続の方は、直接、健康保険組合に提出してください。

添付書類と入手先

喪失理由 必要な添付書 入手先
就職した 就職先の保険証の写し、または就職日のわかる書類 就職先
失業給付の受給 雇用保険受給資格者証の全ページの写し
支給開始日が印字されたもの
⇒雇用保険受給資格者証の見方中段に支給開始日の印字があります

参照 雇用保険受給資格者証の見方

ハローワーク
収入超過 ①年金 年金裁定(改定・振込)通知書の写し 日本年金機構、企業年金基金等
※はがき等で定期的に送付される通知です。
②雇用契約の変更 変更後の雇用契約書の写し(契約変更日がわかる書類) 勤務先
③年間収入基準額を
超えてしまった
(または超える見込)
【1年以内に働きだした】
雇用契約書 + 働き始めから直近までの給与明細の写し
【1年以上前から働いている】
前年の源泉徴収票の写し + 今年分給与明細の写し
勤務先
同居が必要な続柄の家族と別居した 別居日のわかる書類
離婚した 離婚日のわかる書類 自治体等
死亡した 死亡診断書または埋葬許可証の写し 医療機関または自治体
扶養異動(他の扶養に入る) 他の健康保険への加入日のわかる書類(保険証の写しなど) 他の健康保険組合

◆提出いただいた必要書類については原則返却することができませんのでご了承ください。
◆ご案内している書類以外にも、健保組合から個別に書類の提出を求めることがあります。

扶養からはずす必要があるとき

●就職したとき
●勤務先の健康保険に加入したとき(パート・アルバイト等含む)
●雇用保険の失業給付を受給するとき

参照 雇用保険の失業給付を受給する場合

●収入が増えて基準額を超えたとき

参照 収入の基準

同居が必要な続柄の家族と別居したとき

参照 家族の範囲

●結婚したとき
●離婚したとき
●死亡したとき
●他者に扶養されることになったとき(夫婦共働きで子どもを共同扶養していた夫婦で、年間収入が被保険者より配偶者の方が多くなったときなど)

参照 子どもが生まれた場合の手続

●その他の理由で、被保険者との生計維持関係がなくなったとき(別居の家族への仕送りがなくなったときなど)
●後期高齢者医療制度に加入したとき

被扶養者資格の喪失日について

喪失理由 喪失日 備考
就職 勤務先の健康保険の資格取得日 試用期間等に、一定期間健康保険に加入していない場合は就職日にて喪失とする
失業給付の受給 受給開始日 ハローワークに行った日ではなく、支給期間の初日で喪失とする
収入超過 ①年金 年金改定日
②過去の収入超過 収入オーバーした年の翌年1月1日 事由発生日が特定できた場合は、その日まで遡って喪失とする
①②以外 事由発生日または異動届の受付日 どちらか早い日付けで喪失とする
同居が必要な続柄の
家族と別居したとき
別居した日
結婚 結婚した日または他の健康保険の認定日 どちらか早い日付けで喪失とする
離婚 離婚日の翌日
死亡 離婚日の翌日
離婚 死亡日の翌日
扶養異動
(他の扶養に入る)
他の健康保険の認定日または異動届受付日 どちらか早い日付けで喪失とする
後期高齢者医療制度に加入 後期高齢者医療制度の加入日 75歳到達もしくは75歳到達前に障害認定された場合
その他 事由発生日または異動届受付日 どちらか早い日付けで喪失とする

被扶養者資格の喪失日について

資格喪失後の医療費や健保事業補助金は当組合で負担することができません。資格喪失日以降に保険証を使用された場合、その間に健康保険組合が負担した医療費等は、後日、被保険者に請求することになります。資格喪失後に誤って保険証を使用しないためにも、手続きは速やかに行ってください。