村田製作所 健康保険組合ロゴ

家族の扶養夫婦共働きの場合の子の扶養の考え方

夫婦共働きの場合の子の扶養の考え方

子は原則として、前年収入の高い方の親が加入する健康保険の被扶養者とすることになっています。
このため、村田健保では夫婦の収入を総合的に比較し、子の扶養認定を行っています。
(夫婦間の収入差が1割未満の場合は、収入が同程度と判断しますのでどちらに申請されても構いません)

既に兄姉がいる場合

新たに扶養申請する子に兄・姉がいる場合は、子とその兄姉は、同じ健康保険に加入することが原則です。子の扶養申請のタイミングで収入を比較し、配偶者の収入が多い場合は、その子と併せて、兄・姉についても配偶者の加入する健康保険組合へ扶養の申請をする必要があります。

配偶者が自営業の場合

直近3年分の確定申告書類一式の写しにて収入をみます。ここでいう収入とは、所得税法上の所得ではなく原則として事業収入から、事業運営にあたり直接的に必要と認められる経費を差し引いた「実質的年収」のことです。

参照 扶養認定にかかる自営業者の取扱いについて

配偶者が被保険者の扶養に入っている場合

夫婦の収入確認は行いません。収入確認のための添付書類(源泉徴収票等)の提出は不要です。

夫婦の収入の高い方が逆転したら?

速やかに、収入が高い方の親に扶養を入れ換える手続きを行ってください。村田健保では、毎年、扶養実態調査を行っており、夫婦の収入が高い方の扶養となっているかを確認しています。