村田製作所 健康保険組合ロゴ

広報誌「Fine」

ヘルスリテラシーを高めよう(連載第2回)

前回は「健康教育番組」と「健康バラエティ番組」の違いは芸能人がいるかいないかなどの話をしましたが、健康バラエティの方が面白くてつい見てしまうので、そこで騙されないためのコツを二つ紹介します。この二刀流で多くの情報は見分けられます。この視点を懐に入れてお楽しみください。


どんな実験でも飛び出て良い成績が出ることがあります。バラエティではそこを絶対強調してきますが、その人はTVだし良い恰好をしようと異常な努力をしている可能性があります。たまたま良くなることもあります。参加者が少数であればばらつきも多くなります。全体がどうなのかをチェックしてください。


食事は単品で成果が出ることは、まずあり得ないと思ってください。人間は色々なバランスで成り立っていますので、単品で大幅改善!という話が出たらそれはバラエティ。ただ、ある程度は効果はあるのかもしれないので、その食べ物が好きであれば少し生活に取り入れてみるのは悪くないでしょう。 ただし、急に健診データが悪くなったりした時には、良かれと思って食べ過ぎてしまっていることが原因ということも、社員さんと面談していると結構ありますので要注意。特にカロリーが高い健康食品の食べ過ぎには注意ください(大豆製品など)。


一覧に戻る

アーカイブ
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
カテゴリー