村田製作所 健康保険組合ロゴ

広報誌「Fine」

保険証は、健保組合加入者の資格証明書です

医療機関を受診するときは
保険証を忘れずに持参してください。

皆さんが保険証を持参して医療機関を受診した場合、通常窓口で負担する金額は医療費の原則3割だけで済みます。残りの原則7割は、皆さんが毎月収める健康保険料をもとに健保組合が負担します。但し、美容整形や予防注射などは健康保険の適用対象外となりますのでご注意ください。




医療費が高額になりそうな場合は、「限度額適用認定証」で窓口負担が軽減されます

医療費の自己負担額(窓口支払いの原則3割部分)が高額になったときは「高額療養費」を受給できます。ムラタ健保組合では、高額療養費の申請をしなくても、受診月から概ね3ヶ月後に給与口座へ自動的にお支払いしますが、手術や入院などで医療費が高額になることが分かっている場合は、事前に「限度額適用認定証」の交付申請を行うことで、高額療養費部分の支払いが相殺されますので窓口負担が軽減されます。


一覧に戻る

アーカイブ
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
カテゴリー