村田製作所 健康保険組合ロゴ

家族の扶養結婚により配偶者を扶養にいれる手続き

結婚により配偶者を扶養にいれる手続き

必要書類

①申請書

健康保険 被扶養者異動届(扶養開始)

扶養状況確認票 兼 必要書類チェック票(配偶者)

②添付書類

住民票 原本
世帯全員を記載/続柄・筆頭者表記あり、個人番号は省略

所得証明書または非課税証明書の原本

その他必要書類(扶養状況確認票の回答に準じてご用意ください)

③年金の書類

❶国民年金第3号被保険者関係届

❷配偶者の年金手帳の写し

❸国民年金第3号ローマ字氏名届(外国籍の方のみ)

【問合先】MMC 人事部 HRサービス課 社保担当
※扶養に入れる日付が年金事務所の受付日より60日以上遡る場合は、追加で添付書類の提出を求められることがあります

■提出期限

提出期限 結婚した日から1か月以内(健康保険組合に全ての書類が届くこと)

申請書の提出先

MMC本社 人事部 HRサービス課 社会保険担当
※提出した申請書類は、人事部 HRサービス課で確認後、健康保険組合に転送されます。

住民票の入手が難しい場合

住民票の代わりに、戸籍謄本(抄本)もしくは婚姻受理証明書でも受付しています。

事実婚(入籍していない)の場合

事実婚の場合も、扶養申請が可能です。その場合、住民票に記載の続柄が「未届の妻(夫)」である必要があります。続柄が「同居人」の場合は、被扶養者として認定されません。