村田製作所 健康保険組合ロゴ

家族の扶養現在または直近まで外国居住のご家族を扶養に入れる手続き

現在または直近まで外国居住のご家族を扶養に入れる手続き

対象者

日本国籍・外国籍問わず、次のいずれかの方

  • 現在、外国に居住しているご家族
  • 直近(※)まで外国に居住していたご家族

※直近とは、扶養申請する年の1月1日以後に日本国内に住民登録された場合をいいます

★2020年4月1日より、健康保険法等が改正され、被扶養者の要件に「国内居住」が追加されました。
ただし、下記(1)~(5)に該当する方については、生活の基礎が日本にあると考えられることから、国内居住要件の例外として、被扶養者として認めることができます。
(1)外国において留学をする学生
(2)外国に赴任する被保険者に同行する者
(3)観光、保養又はボランティア活動その他就労以外の目的で一時的に海外に渡航する者
(4)被保険者が外国に赴任している間に当該被保険者との身分関係が生じた者であって(2)と同等と認められるもの
(5)(1)から(4)までに掲げる者のほか、渡航目的その他の事情を考慮して日本国内に生活の基礎があると認められる者

必要書類

①申請書

健康保険 被扶養者異動届(扶養開始)

扶養状況確認票 兼 必要書類チェック票(外国)

②添付書類
(右記❶~❸のいずれか一つ)

❶日本の住民票の原本
世帯全員を記載/続柄表記あり、個人番号は省略

❷日本の戸籍謄本

❸外国の戸籍謄本にあたる書類

③収入の確認書類
(右記【1】~【5】のいずれか一つ)

【1】納税証明書

【2】確定申告書(年末清算書)

【3】無収入証明書(無所得証明書)

【4】【1】~【3】に準ずるもの(公的機関が発行したもの)

≪事由発生後に無収入かつ日本国内居住の方のみ≫

【5】無収入申立書

④その他
(扶養状況確認票 兼 必要書類チェック票(外国)の回答内容に応じて、必要な書類を添付してください)

日本国内に居住する外国籍の方

●在留カードの写し
※パスポートに指定書がついている場合は、その写しも併せて提出

外国において留学をする学生

●査証の写し
●在学証明書 原本
●入学証明書の写し 等し

観光、保養又はボランティア活動その他就労以外の目的での一時的な海外渡航者

●査証の写し
●ボランティア派遣機関の証明
●ボランティア参加同意書等の写し 等

退職を理由に扶養に入れる場合
(被保険者の海外出向への帯同にあたり退職される方も含む)

●退職証明書

休職を理由に扶養に入れる場合

●休職証明書

婚姻を理由に扶養に入れる場合

●婚姻証明書

出生を理由に扶養に入れる場合

●出生証明書

事由発生後に給与収入がある場合

●給与支払証明書
(直近3か月分の給与額について、対象者勤務先に証明してもらってください)

※外国語で発行された証明書については、日本語の翻訳文(翻訳者の署名必須)の添付が必要です

配偶者のみ

⑤年金の書類

❶国民年金第3号被保険者関係届

❷配偶者の年金手帳のコピー

❸国民年金第3号ローマ字氏名届(外国籍の方のみ)

【問合先】MMC 人事部 HRサービス課 社保担当
※扶養に入れる日付が年金事務所の受付日より60日以上遡る場合は、追加で添付書類の提出を求められることがあります

健康保険証を職場以外へ送付してほしいとき

発行された保険証は通常職場へお送りします。

以下の理由に該当する方で職場以外への送付を希望の方は、「健康保険証 送付先依頼書」を他の扶養手続き書類と 一緒にご提出ください。
●休職中のとき
●海外出向中のとき
●社外機関へ出向中のとき

申請書

健康保険証 送付先依頼書

申請書の提出先

MMC本社 人事部 HRサービス課 社保担当宛
◆社内メール便記入例
社内メール便記入例
◆メール便の受付担当が処理しますので、社保担当宛で届きます。(個人名は不要です)
◆提出した申請書類は、人事部 HRサービス課で確認後、健康保険組合に転送されますので、余裕をもってご提出ください。
◆任意継続の方は、直接、健康保険組合に提出してください。

事由発生日(と届出期限)

事由 事由発生日 届出期限
被保険者の入社 入社日 1か月以内
被保険者の海外出向への帯同 日本の住民登録日 1か月以内
退職 退職日の翌日 1か月以内
婚姻 婚姻日 1か月以内
出生 出生日 速やかに

※郵便事情等、やむを得ない事情による遅延の場合は、考慮いたします。