村田製作所 健康保険組合ロゴ

病気ケガをした時第三者行為による病気やケガはすぐ届け出を!

第三者の行為によるケガでも健康保険で治療が受けられます。治療費は一時的に健保組合が立て替え払いをし、その治療費を第三者に請求するという方法をとることもできます。

健康保険で治療を受ける場合は、必ず健保組合に届け出をして下さい。

第三者行為による病気やケガはすぐ届け出を!

第三者行為による傷病届

交通事故(自動車事故等)や、けんか・犬にかまれたなど第三者の行為によるケガでも健康保険で治療が受けられます(本人・家族)
治療費は本来、加害者(第三者)に支払ってもらうものですが、一時的に健保組合が立て替え払いをし、その治療費(健保負担分)を第三者に請求するという方法をとることもできます。
したがって、健康保険で治療を受ける場合は、必ず健保組合に届け出(連絡)をして下さい。

保険証を使って治療した時は必ず健保組合に「第三者行為」の届け出をしてください。

業務上(仕事や通勤途中)での病気やケガは労災保険の取り扱いになりますので、健康保険の保険証は使えません。
すみやかに各事業所事務課(本社はA1F2)に届け出てください

必要書類

申請書

第三者の行為による傷病届

同意書

念書

申請書の提出先

MMC本社 村田製作所健康保険組合 担当:辨崎(ベンザキ)・藤本
内線 2-010-3221/外線 075-955-6782(直通)

交通事故にあったら

(1)冷静に判断して警察へ連絡

目撃証人の確保(名刺、連絡先)
● ショックで冷静な判断を失わないように。
● 事故証明を警察(自動車安全センター)からもらいます。

(2)相手を確認

● 車のナンバー、色、型、名称
● 相手の氏名(免許証)、勤務先(名刺)、連絡先(車の所有者も)
● 自賠責保険証、任意保険証、車検証
※自分で記録しておきましょう(賠償交渉に必要)

(3)病院へ(大したことがないと思っても)

● 後遺症があるかもしれません。(必ず領収証をもらっておきます)

すみやかに健康保険組合へ連絡〔健康保険組合(MK8400)辨崎(ベンザキ)、藤本まで〕

● 電話連絡をしてください(内線2-010-4573 外線075-955-6782)
● 「第三者行為による傷病届」に同意書と念書を添えて提出してください。
示談は慎重に! 必ず健保組合にも連絡を
後遺症や後で相手の態度が変わる等の危険がありますから、示談は慎重にしましょう。
被害者が加害者と、医療費の確定の前に、示談を結んでしまうと請求すべき費用を請求できなくなることが多く、給付を停止、返納していただく場合もあります。
示談する場合は必ず健保組合にご連絡下さい。(自損事故、車同士の事故等も第三者行為にあたります。)