HOME > 広報誌「Fine」 > No.94号(2018年秋号) > ロコモ予防の食生活

No.94号(2018年秋号) ロコモ予防の食生活

メタボもやせすぎも要注意!正しい食生活で運動器の健康を守りましょう

炭水化物、脂質、たんぱく質、ビタミン、ミネラルは「5大栄養素」と呼ばれ、毎日3回の食事から摂ることが大切です。ロコモに陥らないためには、メタボややせすぎにならないよう食事に気をつけましょう!

骨を作る材料として最も重要な栄養素はカルシウムです。材料が不足していると、骨がスカスカ(骨粗しょう症)になり、骨折しやすくなります。カルシウムは1日に700~800mg摂取が目標です。ビタミンD(カルシウムの吸収を促す)、たんぱく質やビタミンK(骨を作る際に働く)も重要です。

たんぱく質とビタミンB6を一緒に効果的に摂りましょう。いろいろな食品を組み合わせて、1日3回の食事でたんぱく質を摂ることが大切です。

PDFでダウンロード

一覧に戻る

おすすめコンテンツRECOMMENDED CONTENTS

  • KenCoM(ケンコム)
  • スポーツクラブの利用
  • 人間ドック
  • 郵便検診
  • リンク集
  • 家族健診
  • あしたの健保プロジェクト

お役立ちツール

  • 高額療養費・付加給付計算ツール