HOME > 広報誌「Fine」

Fine最新号Fine LATEST ISSUE

Fine

PICK UP

知っていますか?ロコモティブシンドローム

『ロコモティブシンドローム(運動器症候群)』略して『ロコモ』は、骨や関節、筋肉、神経などが衰えて、「立つ」「歩く」といった動作が困難になることです。要介護や寝たきりになってしまうリスクが高い状態で、50歳をすぎると7割以上の方がなる可能性があるとされています。 最近では運動不足や日常的に動かない生活が続くことにより、若い世代からの『ロコモ』も急増中です。 職場や家庭内での思わぬ転倒や事故を招く『ロコモ』を予防し、健康維持に努めましょう!

骨や筋肉量のピークは20〜30代

知っていますか?ロコモティブシンドローム

pick up

詳細はこちら
詳細はこちら
詳細はこちら
詳細はこちら

健康レシピ

詳細はこちら
詳細はこちら
詳細はこちら
詳細はこちら

筋兄の健康カラダ道

詳細はこちら
詳細はこちら
詳細はこちら

バックナンバー

  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年

No.92 号(2017 年秋号)

Fine

PICK UP

今、知っておきたい薬の知識

薬は健康管理に欠かせない身近な存在ですが、意外と知らないこと、わからないことも多いものです。『セルフメディケーション』という言葉を聞いたことはありますか? セルフメディケーション(Self-Medication)とは、セルフ=「自分」で、メディケーション=「治すこと」を意味しています。 つまり…

今、知っておきたい薬の知識

No.91 号(2017 年春号)

Fine

PICK UP

放っておくと怖い高血糖と糖尿病

一見甘そうに見えて、実はとっても怖い糖尿病。 糖尿病は国民病と言われるほど誰もがなりうる病気ですが、自覚症状が乏しいため、 自分が糖尿病であることを知らない人が大勢います。 まずは糖尿病チェックをしてみましょう!あてはまるものが多い人は注意が必要です。 血糖をコントロールして、上手に付き合い…

放っておくと怖い高血糖と糖尿病

No.90 号(2016 年秋号)

Fine

PICK UP

たばこのない生活で健康を手に入れよう

 たばこを習慣的に吸っている人の割合は、男性で29.7%、女性で9.7%※。その中には、たばこをやめたいのにやめられないと感じている人もいるでしょう。それなのに、ついまた一本吸ってしまうのはなぜなのでしょうか。  理由はただ一つ、「ニコチン依存症」になっているからです。たばこは単なる嗜好品ではなく…

たばこのない生活で健康を手に入れよう

No.89 号(2016 年春号)

Fine

PICK UP

体内時計をしっかり回して、体も心も健康に

睡眠は心身の健康に欠かせないものであり、睡眠不足や睡眠障害が続くと、生活習慣病の発症やうつ病などの精神状態の変化、事故やミスの発生から、死亡率上昇などに関係することがわかっています。 眠気に逆らって仕事や勉強などの活動をするのが偉い…というのは大きな間違い。睡眠を軽視せず、睡眠の役割・メカニズムを…

体内時計をしっかり回して、体も心も健康に

No.88 号(2015 年秋号)

Fine

PICK UP

生活習慣の見直しで「健康寿命」を延ばそう

日本人の平均寿命は年々延びており、老後の趣味や過ごし方を思い浮かべるのも楽しい時間ですね。 しかし2013年の調査によると、日本人の平均寿命と健康寿命※では、なんと男性9.02年、女性12.4年の差があります。 ただ長生きするのではなく、楽しく元気で長生きするために今から始めましょう! ※健康…

生活習慣の見直しで「健康寿命」を延ばそう

No.86 号(2014 年秋号)

Fine

PICK UP

正しい知識を身につけて “賢く”“ムダなく”受診するために

皆さんは、身近に体質・病歴や健康状態に応じた治療やアドバイスをしてくれる“かかりつけ医”をお持ちですか。また、ムダな医療費がかかるような受診をしていませんか。 皆さんが病気やけがで医療機関を受診した際、窓口では治療にかかった費用の一部(2~3割)を負担していますが、残り(7~8割)は給与から差し引…

正しい知識を身につけて “賢く”“ムダなく”受診するために

No.84 号(2013 年秋号)

Fine

PICK UP

村田製作所健康保険組合 50年の歩み

私たちはこれまで、村田製作所の従業員と家族の健康保険、ならびに健康増進と家族の生活を陰で支える事業を進めてきました。 ここで今一度、これまでの健康保険組合の活動を振り返り、今後の方向性をご理解いただければと思います。

村田製作所健康保険組合 50年の歩み

No.81 号(2012 年秋号)

Fine

PICK UP

特定保健指導体験談

特定保健指導とは、特定健診(会社が行う定期健診に含む)の結果から国の基準により生活習慣の改善が必要とされた方に対しその改善を目的に、専門職が面談等によりアドバイスを行うものです。当健保組合では社外の専門業者に委託しています。今年度も該当者には、健保組合から案内しますので、必ず参加をしてください。

特定保健指導体験談

No.77 号(2011 年春号)

Fine

PICK UP

後発医薬品(ジェネリック医薬品)をご利用ですか

後発医薬品(以下「ジェネリック医薬品」)は、先発医薬品と同等の効果があるものとして製造販売が承認された薬です。新薬の特許期間が過ぎたことで、一般的に開発費用が安く抑えられるので、先発医薬品に比べて薬価が安くなっています。このため、ジェネリック医薬品を使えば、患者の皆さんの負担が軽減し、健保財政も改善…

後発医薬品(ジェネリック医薬品)をご利用ですか

No.76 号(2010 年秋号)

Fine

PICK UP

メンタルヘルスを考えよう

心の健康(=メンタルヘルス)について考えたことがありますか?どうやって心の健康を維持すればよいでしょうか?人は、体の痛みや疲れには気づいても、心の痛みや疲れに関しては、「こんなことで私は疲れない」と我慢したり、つらさを隠したりしがちです。また、周囲も、自分が大丈夫だから、彼(彼女)もこれくらいは我慢…

メンタルヘルスを考えよう

No.75 号(2010 年夏号)

Fine

PICK UP

けんぽ徒然【2010年夏号】

「ギリシャの財政破綻」が、事あるごとに報道されています。国の借金がふくらみ過ぎて、経済がたち行かないのです。 どれぐらいの借金かといえば、自国GDP(国内総生産)の約135%(45兆円)です。参考に我が国の借金は約180%で(840兆円)、ギリシャとは比較にならない借金を抱えています。 日本の借…

けんぽ徒然【2010年夏号】

おすすめコンテンツRECOMMENDED CONTENTS

  • KenCoM(ケンコム)
  • スポーツクラブの利用
  • 人間ドック
  • 郵便検診
  • リンク集
  • 家族健診
  • あしたの健保プロジェクト

お役立ちツール

  • 高額療養費・付加給付計算ツール